世界を図書館に

アクセスカウンタ

zoom RSS 新刊新書 集英社2009年7月分

<<   作成日時 : 2009/07/24 18:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

集英社新書
『江戸のセンス 職人の遊びと洒落心』荒井修&いとうせいこう
『振仮名の歴史』今野真二
『公平・無料・国営を貫く 英国の医療改革』武内和久&竹之下泰志
『俺のロック・ステディ』花村萬月

『公平・無料・国営を貫く 英国の医療改革』、これは興味深そうです。
 内容紹介より
日本の医療改革へのヒントが満載
「効率よく、質も高めて、患者中心の医療の実現へ!」
英国医療 復活の軌跡

 無料で公平な医療を全国民に ―この理想を掲げて一九四八年、英国の医療システム(NHS)は誕生した。以来英国民はこの制度を誇りにしてきたが、九〇年代には患者の手術待ちが数カ月に及ぶなど、種々の問題が表面化して崩壊の危機に陥った。この事態に果敢に立ち向かい、二〇〇一年から一〇年計画で劇的な改革へと導いたのがブレア以降の労働党政権である。効率化と患者中心の医療の実現など、英国の医療改革の全貌を紹介するとともに、やはり医療の崩壊が叫ばれて久しい日本の制度改革へ向けた具体策を提言する。


 以上4冊の詳細はこちら

 先月(2009年6月)の出版分についてはこちらに掲載。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新刊新書 集英社2009年8月分
集英社新書 『誰でもなる!脳卒中のすべて』植田敏浩 『ガンジーの危険な平和憲法案』C・ダグラス・ラミス 『日本の女帝の物語 あまりにも現代的な古代の六人の女帝達』橋本治 『熱帯の夢』茂木健一郎 ...続きを見る
世界を図書館に
2009/08/27 18:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新刊新書 集英社2009年7月分 世界を図書館に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる