新刊新書 白水社2008年12月分

文庫クセジュ
『フェティシズム』ポール=ロラン・アスン/西尾彰泰&守谷てるみ
 内容紹介より
フェティシズムは、民族学の領域で生まれ、哲学、性科学、芸術などへ影響を及ぼし、最終的には、フロイトによって精神医学に導入された。その思想史を追うことによって本質に迫る。

起源・定義・影響
フェティシズムは、民族学の領域で生まれ、哲学、性科学、文学、芸術などへ影響を及ぼし、最終的には、フロイトによって精神医学に導入された。その思想史を追うことによって本質に迫る。なぜ精神分析がこの概念を必要としたか、それによって何を知ることができたのかが明らかになる。



白水uブックス
『死にいたる病/現代の批判』セーレン・キルケゴール/松浪信三郎&飯島宗享
 内容紹介より
人間として生きてゆくこと自体に始めから含まれている矛盾と不条理。生きることの苦悩に極限まで対決しつづけたキルケゴールの思想が、余すところなく吐露された二つの名著を収録。

ここでキルケゴールが言う「絶望」は、人間として生きてゆくこと自体にはじめから含まれている矛盾と不条理のことである(こんな言い方が大袈裟だと思う人、少しは不満もあるけれど自分の人生は結構楽しく過ぎてゆくと信じて安閑としていられる人は、絶望という病にかかっていないのではなく、そのことに気づいていないだけなのである)。(池澤夏樹 解説より)



 先月(2008年11月)の出版分についてはこちらに掲載。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 新刊新書 白水社2009年1月分

    Excerpt: 文庫クセジュ 『エトルリア人 ローマの先住民族 起源・文明・言語』ドミニク・ブリケル/平田隆一【監訳】,斎藤かぐみ【訳】  内容紹介より 内臓占術をあやつる、謎の先住民族の実像 Weblog: 世界を図書館に racked: 2009-02-12 18:24