世界を図書館に

アクセスカウンタ

zoom RSS 新刊新書 PHP研究所2009年8月分

<<   作成日時 : 2009/08/23 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

PHP新書
『お役所バッシングはやめられない』山本直治
『「モナリザ」の微笑み 顔を美術解剖する』布施英利
『岡本太郎 「太陽の塔」と最後の闘い』平野暁臣
『世界一幸福な国デンマークの暮らし方』千葉忠夫
『自分らしいキャリアのつくり方』高橋俊介
『本当に使える! 日本語練習ノート』樋口裕一
『コミュニケーション力を引き出す 演劇ワークショップのすすめ』平田オリザ&蓮行


PHPビジネス新書
『ゼロからわかる契約書のつくり方』原秋彦
『人を動かす「文章術」 機能的に情報を伝えるための実践スキル』川辺秀美
『復活企業 強さの理由 時代の変化をチャンスに変える! 小さな会社の底力』赤堀たか子


『お役所バッシングはやめられない』、確かに叩くだけなら簡単ですからね。
 内容紹介より
お役所バッシングとは、一種の依存性薬物である。政治家や公務員を激しく叩いているうちに「正義の自分」に高揚感・陶酔感を持ってしまうのだ。しかし、過度の批判が政策を歪め、少しずつ日本社会を蝕んでいることに気づいているだろうか? 何事も「過ぎたるは猶及ばざるが如し」である。

 近年の耐震強度偽造問題にしてもそうだ。これは個人保護の目的で行われた法改正が、逆に企業の経済活動を縛ることになってしまった典型例であり、政治家に法改正を決断させたのはマスメディアに扇動された世論に他ならないのだ。

 本書では、元文科省キャリアがお役所バッシングの功罪を論じつつ、建設的なお役所バッシングの方法を提案する。今こそ感情に任せた批判は卒業し、想像力とバランス感覚を兼ね備えた「バッシングリテラシー」を身につけるべき。

 是々非々の変革とは、愚直で泥臭いイバラの道。政治改革が叫ばれる今、国民の意識を根本から変える一冊。



 以上10冊の詳細はこちら

 先月(2009年7月)の出版分についてはこちらに掲載。



 ところで、PHPのHPを見ていましたら、9月25日にPHPサイエンス・ワールド新書というのが創刊されるそうです(こちら)。

 理系プロパーの新書としては、老舗の講談社ブルーバックス、サイエンス・アイ新書、ハヤカワ新書juiceに続く4つ目になりますね。

 この中で、ブルーバックスは別格として、後発のサイエンス・アイ新書が全冊にカラー図版を盛り込んだ意欲的なつくりで、売上も健闘しているのかもしれません。

 創刊5冊のラインナップも決まっているのですが、私が惹かれるのは志賀浩二氏の数学ものくらいですかね。あと、茂木健一郎氏、養老孟司氏、池田清彦氏辺りは別に新たなシリーズの新書にせずともPHP新書で足りる気がします。。。

 今後に期待します。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新刊新書 PHP研究所2009年8月分 世界を図書館に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる