世界を図書館に

アクセスカウンタ

zoom RSS 新刊新書 平凡社2009年8月分

<<   作成日時 : 2009/08/20 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

平凡社新書
『ノモンハン事件 機密文書「検閲月報」が明かす虚実』小林英夫
『原始日本語のおもかげ』木村紀子
『大日本「健康」帝国 あなたの身体は誰のものか』葛岡智恭&林信吾
『現代アメリカ宗教地図』藤原聖子
『学問の春 〈知と遊び〉の10講義』山口昌男


『学問の春』、山口昌男氏が大学で行った講義をもとに加筆したものだそうです。面白そうですね。
 内容紹介(今日の平凡社)より
あるときは、七つの山と谷を越えて調査に出かけ、
あるときは、講師として行った国で内戦に遭遇。
そしてあるときは、本を求めてヨーロッパの街々をさまよい──。
好奇心のかぎりに、世界中の人々や本に出遭いながら、
われわれの文明と自身を冷静に見つめ続ける文化人類学者・山口昌男。
ジャンルを超え、世界を相手に思考し続けている著者が、
学問を志す若者たちに、〈遊び〉のなかにある〈学び〉の楽しさを説いた。
テキストはホイジンガの『ホモ・ルーデンス』。
さて、この古典的名著をどう料理するのか──。
国境を、そして時代さえも縦横無尽に駆け巡りながら
語った名講義をここに再現。山口流《学問のススメ》!



 以上5冊の詳細はこちら

 先月(2009年7月)の出版分についてはこちらに掲載。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新刊新書 平凡社2009年8月分 世界を図書館に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる